top of page
  • japan97

企業防衛・企業調査

「企業調査・会社内部調査」

○商品や新製品情報の漏えい。 ○会社の交際費を個人的に使用。 ○勤務中にサボっている。 ○経費の不正利用・不正請求。 ○ゆすりや嫌がらせ脅迫・恐喝されている。 ○セクハラを受けている。 ○あの会社から有能な人材をスカウトしたい。 ○この社員の日常生活が知りたい。 ○同業者を買収するために内情を詳しく知りたい。 ○当社製品の満足度を秘密裏に調べてほしい。

企業調査での新規事業を検討しているが、取引企業自体を知らないほど、社運をかけた取引を取引企業発表のデータだけで取引を行うほど危険なことはありません。

 信用できる会社なのかどうか、将来性や銀行の取引残高、取引会社等の情報がもとめられるのです。

 また、取引先の経営状況が悪化しているという情報が入ったので倒産の危険があるのではないか?

 自社の製品を卸している会社が倒産してしまい大損害をこうむるというケースはよくある話です。

 富裕な調査事例・人脈・情報網を駆使し、あらゆる証拠収集を多方面から確実に調査いたします。

危機管理防衛いたします。



企業の成長には“守り(与信管理)”と“攻め(マーケティング)”のバランスが重要です。 新規取引開始時、既存取引拡大・見直しの際や取引先・同業他社の分析材料として「企業調査」は不可欠です。

企業調査の必要性・・・知らなかったでは済まされない 企業舎弟が得た金は上部団体に上納され、最終的に暴力団の資金源になる。暴力団対策法の成立以降は、従来型の資金調達(いわゆる「見ヶ〆料(みかじめりょう)」など)が困難になったため、法律適用の回避手段として多くの企業舎弟が生まれた。

最近では暴力団関与の色彩を薄めるために、暴力団の構成員ではない一般の応募者を従業員として採用したり、構成員は経営者や幹部社員にならず、その親類縁者など暴力団とは直接のつながりのない人物を「ダミー」として使うケースが多くなっており、一見しただけでは普通の企業かフロント企業であるかの見分けが付きにくくなってきている。

また豊富な資金力を活かして、成長の見込める分野に出資し、株式市場などを含めた投資活動によって利益を回収しようとする動き(一種のマネーロンダリングである)も、近年では活発に行われている。ここ最近では出会い系サイトやペニーオークションといった成長が著しいIT業界・携帯電話コンテンツ業界への積極的なアプローチや、密接な関係なども囁かれている。ネットでは顔や正体がバレにくいため、身分を隠し偽る必要がある暴力団側としては、さまざまな点で都合がよいという利点がある。

なお、普通の企業を装っていても、企業活動上において一たびトラブルが発生すれば、それまでの仮面を脱ぎ捨てて暴力団としての性格を露わにすることも、決して珍しいことではない。企業調査

ブラック企業の体質や内情は社会問題・民事訴訟・労災申請・労働基準法違反・事件(侮辱罪・暴行罪・傷害罪・背任罪)などの形で表面化することもあるが、悪質な法令違反が露呈し経営者の逮捕などが起きない限り、社名やその実態が公に報道されることはほぼない。例えば、合理的理由のないリストラ、不当懲戒処分や名ばかり管理職、サービス残業強要、パワーハラスメント、偽装請負、過労死、社会保険の保険料逃れ、派遣切り、不当労働行為、遺族による公害病・労災の認定を求める訴訟およびその責任を免れる行為などがある。

労働問題以外に企業統治や法令遵守、企業の社会的責任にまつわる諸問題が取り沙汰される場合もあり、一般的な企業と比べればコンプライアンス全般について著しく軽視する傾向がある。また、現在ではコンプライアンス違反の発覚が発端となり最終的に企業が経営危機や破綻にまで追い込まれるケースが増えており、ブラック企業においては、マスコミ媒体への広告や製品サンプルの提供などの手段で企業が露呈を食い止めていた企業体質や労働環境の問題が、コンプライアンス違反の発覚をきっかけに一気に世間へと噴出し、経営そのものが不安定になり、最終的に倒産までには至らなくても売上減による人員整理など従業員の雇用に悪影響を与えるケースも少なくない。また、企業間競争に打ち勝つため、現場社員の人間力に頼る施策に勝る経営手法が乏しい環境の中で、法規制等により問題化する長時間労働という課題を乗り越えようとする際に起きる結果論もある。その上、企業にまつわるクレーマーの存在がブラック企業を助長させているという側面を持ち合わせている。

とはいえ、ブラック企業であると名指しされるだけで倒産や経営危機に追い込まれるケースはほとんどない。エシカルの観点から不買運動、ボイコットが起こる事もあるが、ブラック企業の多さや情報の非対称性の問題もある。特に大企業の場合は、違法な形で人件費を節約する代わりに低価格で消費者にサービスを提供し、そのニーズに応えることができている企業であるケースが多い。他面、ブラック企業であるとする風評が人員の確保に悪影響を及ぼすことはあるが、熟練者を確保する必要性がない業界の場合、生活保護受給者など「ブラック企業であろうと就職することがやむを得ない」状態になっている者を確保すればよいため、悪影響も軽微である。従って、ブラック企業を市場によって淘汰することは困難であるし、またブラック企業がブラック状態を止めることも、(同業他社のブラック企業が淘汰されず上記のような「消費者にとっては」いい企業であった場合)消費者離れを招くためできない、という現象が起こってくる。



Comments


bottom of page